引っ越し裏ワザ

引越し裏技やってみた →どれくらい安くなったか公開中

引越し基本情報

家族3人で引越しをすることになりました。賃貸マンションから、戸建てへの引越しです。距離がとても近く、同じ市内で車で5分くらいのところでした。そのため、初めは業者に頼まずに自分たちで引越しをしようと考えていました。ですが、やはり冷蔵庫などの重いものもあるし、知り合いもほとんどいない地域だったので人手が足りず、業者にお願いすることにしました。

 

業者を選ぶにあたって迷いました。インターネットで情報を調べると、引越し費用は値切れるということを知り、できるだけ安くしてくれた業者でお願いしようということになりました。

 

ここで裏技活用

とりあえず、引っ越し業者の一括査定サイトのランキングをみて、1位のところ引越し価格ガイド)に申し込んでみました。

 

(参考)引越し見積もりサイトランキング

引越し価格ガイド

 

引越し侍

 

そうすると、数社から連絡がきました。CMを流しているような大手の会社から、あまり聞いたことがないような会社もありました。迷いましたが、聞いたことがある会社が安心だろうと判断して、有名な引っ越し業者3社と連絡をとりました。2日間のあいだに3社に来てもらい、査定を受けることにしました。

 

はじめに来た業者の値段は、8万円!かなり高く感じました。でも、他の業者の査定を受けていないのであまり値切れず、その価格ということになりました。また後日連絡しますと言って帰ってもらいました。

 

2番めの業者が衝撃発言

次に来た業者は、一通り査定が終わり、金額を提示した後、私たちが一括査定のサイトから申し込んだのを知っているのか、他社の金額はいくらですか、と聞かれました。その額を言うと、他社の金額よりも安い6万円金額を提示してきました。でも私たちは、まだ一社査定を残しているので、その会社からも査定を受けてからの方がいいと思い、迷っていました。

 

すると、何かサービスをつけますと言って下さり、床のクリーニングをサービスしましょうかと言われましたがそれは断りました。どうしても自分の会社に決めて欲しいようです。そして、金額をまた下げて5万円にしてくれました。私たちも、早く業者が決まった方がいいので、その金額で了承しました。はじめの金額から言うと、3万安くなっています。そんなわけで引っ越し業者が決まりました。

 

そして引越し当日

引っ越し当日は、とてもスムーズに引っ越せました。引っ越しを始めて1時間後には荷物が全て運び込まれ、何も問題も起こりませんでした。それから家の中を片づけ始め、一週間くらいで落ち着いた生活を始めることができました。

 

結論

引越しの裏技=無料一括見積もりを使うと3万円安くなる。
正直、これは使わないと損しますね。

 

▼(参考)一括見積もりサイトランキング

引越し価格ガイド

 

引越し侍

単身引越しだから単身パックが一番おトクとは限らない

卒業・転勤シーズンになると、一人暮らし向けのお引越のCMが流れます。日本通運やヤマト運輸、サカイ引越センターなど大手の引越業者が手がけている一人暮らし向けの引越プラン(単身パック)では、専用のボックスに荷物を収めて引越先まで持っていく方式になっています。料金も他のプランに比べると格安に設定されていますよね。行き先ごとのボックス単位で料金が明示されているので安心感もあります。

 

ですが、段ボールなどの資材が有料だったり、梱包作業に別料金が発生したり、ボックスに入りきらない荷物は別料金になったりと、各社それぞれオプション料金が設定されている場合があり、お引越し先に持って行きたい荷物の種類や数量、大きさによっては、必ずしも格安というわけにはいかないことがあります。

 

お引越しを依頼してから「こんなはずじゃなかった・・・」と思わないためには、複数の業者からの見積もりを取ることはもちろんですが、一人暮らしの引越しだからといって、初めから単身パックと決めつけないで、他のプランでの料金やサービスがどうなのかということも合わせて比較してみることがポイントになってきます。

 

ボックスの数が多くなったり、オプション料金がかさんだりすれば、比べてみたら、トラックの貸切引越や鉄道コンテナを利用した引越の方が安くなった、などということがあるかもしれません。

 

引越シーズンに入るとどこの業者も忙しくなるだけではなく、お客様も集中するので、お引越の日程や希望するサービスの内容によっては断られてしまう場合もあります。プランを見比べて、業者と相談するためにも、お引越することが決まったら早めに業者に見積もりの依頼をすることが大切です。

 

また、家具付きのマンションに住んでいたり、家具は後輩や友人に譲るなどして持っていかないことが決まっているような場合を除いて、メールやインターネットだけで見積もりを済ませて業者に依頼することは避けたほうがいいでしょう。知らない人(業者)が自宅に来るのは嫌なことかもしれませんが、いざ引越の当日になったら、家の前に業者のトラックが入ってこれなかった、などということのないように、また、荷物を運び出すところの大きさや位置関係を知っておいてもらうためにも、訪問見積もりは有効ですし、電話見積もりでもネットの入力項目にはなかった説明や相談ができます。業者に出した希望は、見積書に記載してもらいましょう。到着の際の申し送りがスムーズになるだけでなく、トラブルの防止にもつながります。

 

一人暮らしのお引越でも、引越業者のプランを上手に使って、お得で快適なお引越をしてくださいね。その際、一括見積もりサイトを利用するともっとも効率よく業者を選ぶことができます。

 

▼一括見積もりサイトランキング(日本貨物輸送調べ)

引越し価格ガイド

 

引越し侍