引越し料金 早見表

引越し料金 早見表

私は、大学時代を山梨県甲府市にて過ごし、就職のため、神奈川の実家へ帰ってきました。
その際、何社かの引越し業者に見積もりをお願いしたところ、全てが20万円近く掛かってしまい、予算オーバーとなってしまったため、知り合いからトラックを借り、積込みから運搬まで全て自分と友人にて行いました。

 

そのため、実際にかかった費用は引越し業者からの見積もりの二分の一ほどとなり、予算内に収めることができました。

 

私のように知り合いにトラックを所有している方がいない方ももちろんいらっしゃるかと思います。

 

引越し料金早見表はこちら

 

しかし、それですぐに諦めるのではなく、友人の友人にそのような方はいるか、友人の友人の友人は?など根気よく探してみるのもてかと思います。
また、私の場合はトラックのみ借り、自分で積込みから運転まで行いましたので、トラックのレンタル費とガソリン代のみで済みましたが、人によっては積込みの手伝い、トラックの運転までを格安で請け負ってくださる方もいます。

 

昨年も大学時代の友人の引越しを、トラックを貸して下さった知り合いと格安で請負い、山梨から横浜まで運び、積込み、荷下ろしまで行いました。
もちろん、引越し業者の方が、家具、家電を運搬するのに適した機材、梱包方法での運搬となるため、家具、家電への負担、傷は付かないかもしれませんが、
やはりその分値段が嵩んでしまいます。

 

引越し予算がある程度ある方であれば、引越し業者へ依頼しすべて任せたほうが安いし、楽なのも事実です。

 

しかし、引越しを自分でやると、終わった後の達成感が違い、次に住む住居での新生活への夢と希望がみるみる満ちてきます。
家具を運びながら、「次の家ではこれをここに置こう」「あの部屋はこれを置いてこうしたいな」などと考えるのが楽しくてたまりません。

 

運ぶ物が多い方や、大型家電をお持ちの方はかなり厳しいかと思いますが、自分でやる引越しも是非一つの選択肢として考えてもらえたらと思います。

 

とはいっても自分で引越しするのはかなり面倒なので、料金早見表をおいておきます。

 

引越し料金早見表はこちら